ツインクライオ(Twin Cryo)

Twin Cryo(ツインクライオ) の、オリジナル製品名(商標)はCOOL SHAPINGです。
コスモプロフワールド社が、COOL SHAPINGTwin Cryo(ツインクライオ)という製品名で販売・レンタルしています。

Dr.クライオとしても知られており、ZELTIQ(ゼルティック)と同じく、カップ式の冷却ダイエット機器です。

twin-cryo

ツインクライオは、プレート式(パット式)ではなく、吸引式(カップ式)脂肪冷却の代表的な機器。
しかし、吸引式の基本特許は、ZELTIQ(ゼルティック)社が保持しています。これがツインクライオのメーカーが表に出てこない理由かと想像されます。
 ※LipoCryo特許侵害の情報  *Z社発全文
 ※2011-12-23のフランスでの特許侵害訴訟

一方、CRY-O(クリオ)のメーカーのSORISA社(スペイン)は世界中で親しまれており安心ブランドとして確立しています。
 ・イタリアでの美容フェアでのメーカーインタビューの様子
 ・メディカルEXPOでのSORISA社の製品群(もちろんCRY-Oも含みます)
 ・クリオを作っているSORISA社のホームページ
 ・SORISA社のFaceBook

機器自体の性能面からも比べてみました。

機種 CRY-O
320-CRYO-machine
Twin Cryo
(COOL SHAPING)
twin-cryo
メーカー名 SORISA(スペイン)

CRY-O以外にも数十種類の高級機器を製造する総合医療・美容機器メーカー

開発研究員の数は200名以上

レバノンで企画されたと思われる韓国製

企画会社と製造会社が別のようです。

会社規模・開発研究員の数は不明

基本方式 プレート式(パット式) 吸引式(カップ式)
重さ 65kg 60kg
大きさ 40cm x 51cm x 132cm 38cm × 44cm × 107cm
消費電力 650 W 600 W
ユニットのサイズ 15x7cm x4枚 通常は19cmx11cm(中) x2枚
オプションの追加購入で、
22x12cm(大) に交換可
特許 プレート部分に特許保有 ゼルティック社が所有
本体価格 400万円以上 400万円以上
YouTube での紹介ビデオ CRY-O(クリオ)の紹介 TwinCryo(ツインクライオ)の紹介

性能も価格も拮抗している、「良きライバル」といった感じでしょうか。
どちらの製品で施術を受けるか、利用者にとっては悩ましいところです。
韓国は、スマホなど電子機器の基本技術で信頼できるメーカーは多いですが、ツインクライオを実際に作っている会社がオープンにされていないのが心配です。

COOL SHAPING としては、6カップの新型マシンがあります。
6カップマシンを見つけたらお勧めです!
全身痩せを目指すには、1度に同時施術できるカップ数(パット数)が重要になってくるからです。

どっちも選べない!という方は、最高峰の、
カップ式の特許を持っている本家、ZELTIQ(ゼルティック)を検討してみましょう。
 
唯一、ZELTIQ(ゼルティック)がCRY-O(クリオ)より性能が良いと思われます。
BLW-Zeltiq-Machine-Blog-300x300

ZELTIQ(ゼルティック)のホームページ